2017年9月25日月曜日

『まんがタイムスペシャル』2017年11月号

『まんがタイムスペシャル』2017年11月号、先日の続きです。

『君のパンツに一目惚れ』、絹森の刺繍ができないという秘密、あっさりとバレちゃってますね。いや、そりゃそうなんですけど、まったくといっていいほど知識がない、経験もない、そんなのバレないわけないですよね。今回は刺繍糸の話。五十嵐先輩に、せっかくだから刺繍をしようと誘われてはみたものの、図案見てもわからん。刺繍糸見せられてもわからん。そして極めつけは2本どり。ああ、そうだ、懐かしい。刺繍糸って、1本、というかあれ6本が組になってるのか、それをバラして、1本どり、2本どりっていって糸ぬいて使うんでしたね。何年ぶりに聞いたろう。しかし絹森、刺繍ができないこと小桜に知られたくないの、本心からなんだなあ。焦ってはいるけれど、とりあえず針を前にして大変なことになってる小桜の耳には入らなかった模様。これ、絹森、五十嵐先輩から特訓受けたりする流れになるのかな? いや、そうでなくパンツの刺繍は母の手によるものだって、小桜に教えてやる方が絹森のためだと思うよ? でもそうならない方が面白くなりそうなので、先輩、どうかうまいこと面白くお願いします!

『まちがいだらけの恋愛道場』、今回は芝のやらかしか。いや、本当に面白い。芝ちゃん、夢女子と腐女子の二足のわらじはいてるんだ。でもって、夢女子やってる時はその見た目振る舞いまで変貌させちゃうんだ。というか、素の芝と違いすぎてびっくりするんだけど。夢女子芝が見初められた。印刷屋の兄さんからさりげなく食事に誘われたというのだけど、圭介の危機管理能力がすごい。いや、これすごく大事だと思いますよ! 野性味ある行動の迅速さ。見習うべきか。芝の打算とかね、この人の夢女子的側面から伺えないドロドロさがあっていかしますね。で、それが見事にバレる。そうか、腐女子タイムだと見た目もろもろいろいろが荒れちゃうんだ! というか、これこそがいつもの芝ちゃんって感じがする。ほんと、ここからの流れ、転げまわりそうなくらいおかしかったです。というか、予想してたことが予想以上にけたたましく展開して、ほんと、素晴しく楽しませていただきましたよ。

『お役所忍務のススメ』。面白いですよ。秋だ忍者だっていってますけど、メインはそうじゃない。忍者の隠れ方。木の葉隠れから展開して、夜に暗い色ってだけでも目立たなくなりますよ。そこからまさかの交通安全! 夜道をしのばない運動。これ、面白いわ、いい展開だわ。これまでずっと忍者中心でやってきたわけですが、忍者をからめながら、交通安全アピールに広げていく。中学校での講習ですね。楽しく、面白く、わかりやすく、しのぶの経験からの実感ともなう説明とかね、すごく親しみもてる近しさあって、これほんとよかったなあ。忍者なのにしのばない運動というのも、ひねりがきいていて、とてもよかったです。

メェ〜探偵フワロ』。ミスレモンが太りました。その太ってしまった理由っていうのを友達と話してる様子がおかしくて、そうかメイドって太るんだ。残り物は捨てにくい心理と既婚者の工夫とか、太りやすい人は実際結構食べてることもあるってのにレモンさん当てはまってるとかね、ほんと、この妙にリアルさ感じさせるやり取りが実に面白かったです。空気イスやってるレモンさん。ドレスを着て涙を流すレモンさん。フワロ邸に帰ってからもおかしくて、あの鬼気迫る仕事ぶり! というか、極端すぎるよレモンさん! トレーニングにニコニコ付き合ってくれてるアーサーが素敵でした。そしてドレスの件聞かされて、おお、フワロ氏、アホらしいって、オーダーメイドすりゃいいだけって、なるほどなあ、フワロ氏はやせろとかいわないんだ。ほんと、こういうところ、フワロ氏もアーサーもよいよね。そしてアーサーの言葉にスイッチのはいるミスレモン! ほんと、極端すぎるよレモンさん!

  • 『まんがタイムスペシャル』第26巻第11号(2017年11月号)

2017年9月24日日曜日

『まんがタイムきららMAX』2017年11月号

『まんがタイムきららMAX』2017年11月号、先日の続きです。

『すくりぞ!』。着々とホテル運営についての経験を積んでいきますね、と思ったら、違うのか、冬休みの宿題を片付けるための缶詰合宿なんだ。ビジネスホテルに一泊。けれど寝子、宿題よりも先にやることがあるというんですが、ほうほう部活やる気だねえと思ったら、違った! まずは開放感を楽しむって、いやいや、そんな開放感はいらん! その後もコンビニいっておやつを買い出し。すっかりパーティになっちゃって、いやもう低きに流れるったらないですね。まだ時間があるからといって、思い思いに遊んじゃって、それでもって寝ちゃって、いやもう、ただ楽しくビジネスホテルで遊んだだけって感じです。でもそんな中、ツバキヤマとにゅうの語らい、部のブログ見てね、ああ、このふたりの雰囲気とてもよかった。部を通して経験したきたこと、過ごした時間をふたり懐かしむようで、ほんとこれだけでもこのビジホ会、意義があったんじゃないかって思えるくらいでしたよ。

『ななかさんの印税生活』。生徒会長いやさkanadeさんとななかが小説で対決することに、っていうんですが、これ、見るべきところは対決だなんだというよりも、ななかの言葉に、もしかしたらななか自身も気づいていない上昇志向を感じとったり、突然巻き込まれて慌てたり頭抱えたりする永山先生の様子とかね、皆の心の機微がうかがえるところだったと思ったのですね。表立って語られること、描かれること、出来事の表層にではなく、向こう側に大切なことはある。そんな感じで、実際生徒会長自身がそうだったでしょう。ずっと孤独に戦ってきた、そんな気持ちでいたところに、同じく戦う同志を見出した、そんな思いが溢れるっていうのがぐっときますよね。これ、会長自身もそれと意識してなかったのかもなあ。泣いているとみゆきに指摘されて、はじめてそうと理解した。そんな感触が、ほんと、人は自分のそうと気づかないうちに、自分の気持ちを露にしてしまう。そんな機微がよかったですね。

『夢見るプリマ・ガール!』。部室の床が抜けました。練習場所が他にはないかと探した結果、あかね先生に頼ることになるんですが、いや、これね、あかね先生、れいか先生の学生時代の回想を見られて、これがまた実にいい感じだったんですね。今のふたりとはちょっと違う、そんな様子が見えた。バレエが好きすぎるあまりに、ひとり突っ走ってしまい、他の部員を振り落としてしまっていたあかね先生。厳しさを通り越して、喧嘩までいっちゃってたりしたの? そんなひとりよがりだったあかねをいさめる、当時生徒会長だったれいか。今以上に寡黙で、けれどいうべきことをいい、伝えるべきことを伝えたんだなあ。ふたりのなにか特別な関係、それはこれまでにも語られてはきたけれど、その大本となるきっかけが見えて、ええ、時に弱気に見えるれいかの芯の強さ、それがあかねを変え、ふたりの関係を支えたのだと思わされました。今回は、抜けた床にはまる、そんなビジュアルの面白さが先にくるのだけど、その向こうにある確かな関係が魅力的。ふたりともに大人になっても、変わらず持ちつづけているものがあるのですね。

いちごの入ったソーダ水』、先生が、先生が色気づいてるですって!? いや、ほんと、先生いいですよ。今なお変わろうとしている。小説にもまた挑戦したいって、文芸部の顧問になって、皆から影響受けてるのでしょうね。でもって、うたたの相談です。ほう、小説の賞に応募したいという。それで書いてみたものを先生に添削をお願いできないか。ほんと、この気持ちの健やかなこと。まっすぐに、夢に向けて伸びようとする瑞々しさ感じられて、そしてその行動力に先生が引け目を感じてしまう。うん、これ、すごくわかるんですね。どうしても先生の側で読んでしまうんですよ。前に進むことに懸命な人がいる。対し自分はどうなのか。いろいろ理由をつけてですよ、ただ今を過去へと流してしまっている。そんな自分にとって、先生の焦りや自戒は他人事ではないですね。すごく共感できるものあって、だからこそですよ、先生のうたたに対して感じた安堵、ちょっとわかってね、いや、うたたには悪いんだけどもさ、でも先生のその感情の動き、ほんとリアルで人間らしいって思ったんです。しかし本当、先生魅力的になりましたね。最初からそうだっていわれたらそのとおりかも知れませんけど、ほんと、先生、魅力的になりました。

  • 『まんがタイムきららMAX』第14巻第11号(2017年11月号)

2017年9月23日土曜日

『まんがタイムきららフォワード』2017年11月号

 『まんがタイムきららフォワード』2017年11月号、発売されました。表紙は『ゆるキャン△』、リンとなでしこ、ふたりで秋の味覚ですね。グルリにて焼かれるサンマにホタテ。皿にはカボチャやナス、キノコにエビが待機していて、いやこれ、ほんと、豪勢でありますよ。リンの調理してる様子を見守るなでしこが、お芋いっぱい胸に抱えてるのがいいですね。おいしいものたくさん。贅沢な時間です。

ゆるキャン△』、相も変わらず面白いなあ。正月明けて、冬休みも明けて、皆でそれぞれの活動語りあう。これが楽しかった、あれが面白かった。そうした土産話に成果発表なんてのもあって、タープ買いました! あきがすごい勢いで報告入れてくるんですが、もうほんと、なんだ、この子、やたらめったらポンコツだな。冒頭からお土産ガツガツ。でもってタープ、タープポールを家に忘れてきて、終。なんだこのミニ番組風の演出! バイトしてお金貯めて、それでなにを買おうか、なにが欲しいという話をしているのもまた楽しい。ああ、なでしこのランプ。そうか、お店でもちゃんと気づいてもらえてるんだ。いやね、なでしこがさ、ランプをついに買うんだ、こないだも眺めてきたんだっていったの見てね、やべえ、フラグだ。いざ買おうと思って店にいったら売れちゃってるパターンだ! って思ってたから、ほっと安心しました。今回は和気あいあいとした語り合い、それがメインと思わせて、なでしこのひとりの帰り道、ここでひとりいろいろ思うところから、ソロキャンプへ思いを至らせるまでの描写。あれ、はっとさせられましたね。ああ、なんでもない日常の語りかと思わせてそうじゃない。いろいろと動いているところがあるんだ。ほんと、不思議なテイスト。そう思って油断してたら、胸元にふっと届いているものがある。ほんと、不思議な漫画です。

『はるかなレシーブ』。エクレアにリードされるはるかな。この状況をいかに打破しようというのか。楽しみに待っていましたよ。そしてはるかな、まさしくここで試合を動かしにかかるのですね。そうか、クレアとエミリ、対策するならどちらか。これ、まさしくふたりの性格、傾向を知っているからこその作戦だ。事前に提案していたかなた。その提案を受け、どうすべきかを理解しているはるか。ああ、ふたり、チームとしてしっかりできてきています。クレアを崩して、エクレアに食らいついていくはるかな。猛攻とはいかず、ひとつひとつ丁寧にとって、ポイント差を埋めていくような戦い方は、それだけエクレアの強さを意識させて、だからこそだったのか、かなたの作戦、これも知ってる相手だからこそなんでしょうね。ビーチバレーで大切なのは不意をつくこと。かなた、この瞬間のために、ジャンプサーブをこれまで相手に見せてこなかった、まさかないものと思わせてきてたんだ。いや、ほんと、このかなた、とても美しかったと思う。で、ここから逆転かと思わせたら、まさかのエミリ! ほんと、これ、前衛でがんがん打ち込むプレイヤーだけでなく、むしろサポート寄りのプレイヤーに光を当てて、ほんと、意外性だ。この見せるべきものを違えて違えて、その変化で見せてくるの、実にいいじゃありませんか。ほんと、エミリがかっこいいですよ。

『なでしこドレミソラ』、美弥と恵真のステージですよ。浴衣姿で三味線の音をあわせる美弥、不思議と冷静に会場見回して、集まっている人がどういう行動をとっているか、また応援してくれる友達や家族もいるって、ほんと、すごく落ち着いてる。視野も広い。そして、この中の一人でも振り向いてくれたらという、その気持ちの真っ直ぐさ。いや、もう、この子すごいと思いますよ。見た目に凛々しく、美しく、チューニング時のちょっとリラックスした表情から、本番では一気に緊張走る、その変化。素晴しいわ。ただただ演奏する、その演奏を耳にする、演者、観客の様子を絵にして、描いて、こんなにも雄弁だ。そしてそこに演者の思いがモノローグとなって乗ってきて、恵真から、そして美弥に繋がっていく。ほんと、この鮮烈さ。素晴しい。演奏の続く中、過去、これまでのことが今にこうして繋がっているのだと語られて、音楽の、その場で鳴っている音の向こうには、多くの時間が、稽古が、経験が、こうして畳み込まれて、ひとつになっているんだって、まさに物事の本質に肉薄しようとするかのような熱に圧倒される思いでしたよ。この演奏がどのように響いたのか、客の感想は様々だけれど、美弥のはたまた不思議と冷静に受け取るフィードバックに、ああ、この子にとって今日のこのステージは大切な経験、大きなステップアップであったのだなと思わされて、ほんと、それからの描写、皆とのやりとりも素晴しく見事、見事であると、溜息つくのでした。素晴しかった。美しかった。豊かでした。飛び込んでくる陽夜から三味線かばう美弥ちゃん、可愛かった。美弥が、皆が素敵でした。

『超常リビドー』、またなんかすごいのが! 待望のあどべんちゃらが読み切りで復活。で、これ、とんでもない。可愛いもの好きの妹、奏が姉の下着を漁っていたところ、なんとその姿が姉のものに変わってしまっていた。なるほど、またなんともいえず微妙に変態的な前提を用意して、しかもこれ姉に母に常識的な感性が備わってるものだから、姉の下着を漁る妹とかね、姉は気持ち悪いって怒るし、母は母で当惑するし、というか、妹、その姉の下着を漁ってること、家族にバレバレなんだ。すごいな。さてここで、この世界では中学生の女の子に超常能力が発生することがあるなんてことが語られて、そしてその能力の根幹にその者の持つリビドーが関係している云々。えらいフレーバーが投入されたわけですよ。妹のリビドー、姉の下着、顔を埋める……。このギリギリというか、変態っぽい行動をこれでもかとステップアップさせながら畳み込んでくるこの威力よ。そしてしまいには姉が、姉もか! いやいや、途中まで妹を心配する姉かと思ってたじゃん。それで、妹、姉や母、家族にそのもろもろアレななんたらかんたらを受け入れられて落ち着いて、みたいな話になるのかと思ったら、全然違った! えらいこっちゃですよ。ほんと、すごい展開見せました。ほんと、相手の性癖を受け入れられない姉妹のガチ喧嘩、いいもの見せてもらいましたね。

『アイ・ラリー・ユー』。これ、よかったですよ。女の子ふたりが温泉卓球で白熱。なんでこのふたり、こんなにもはげしく対戦するのか、その経緯、由来を戦いの流れとめず、スムーズに差し込んで読者に理解させていく。構成がうまいのか、その見せ方がうまいのか、ふたりの心情、性格もこれでしっかり伝わって、だからこそですよね、氷室の涙と、高岡も一緒に泣き崩れるあの瞬間、すんなりと胸に届いて、ほんと、すごくいい。ふたりとも、負けず嫌いで、ちょっと素直じゃないのね。でも友達なのね。そうした関係がいきいきと描かれて瑞々しい。ほんと、これが12ページ。すごくコンパクト。語るべきことをその少ない誌面にきっちり収めて、シンプル。そしてチャーミング。実にうまかったと思います。

2017年9月22日金曜日

『まんがタイムスペシャル』2017年11月号

『まんがタイムスペシャル』2017年11月号、発売されました。表紙は『恋愛ラボ』、マキがメインでありますよ。頬を染める彼女の手をとる詰襟の手。はたしてこれは誰なのか。ええ、恋のときめき、寄り添う思いを感じさせる、そんな表紙であります。『難関女子の恋愛参考書』のカットは、オトメちゃんと手を繋ぎたい男子だち。互いに牽制しながら、邪魔しあいながら、その思いはちょっと叶いそうにないですね。『できれば俺が膝枕』は、公園のベンチでしょうか、肩にもたれかかって眠る彼女と、その彼女に寄り添う猫と。小春日和の暖かみ感じさせるイラストです。

『ざしきわらしと僕』。みうがきましたよ。この子、にぎやかで、明るくて、すごくチャーミング。可愛いですよね。気にいってますよ。この子、理緒の家に泊まるというのですが、裕貴との距離がとても近い。理緒も思わず間に割って入って、いやもう、なかなか素直になれないこの子もとてもいい。しかし、理緒のお母さん、娘の気持ちまるまるお見通しっていうのがいいですね。そうか、パパ似なのか。みうと理緒のふたり女子会も面白かったです。この子たち、恋のなんのって、まだ意識してないんだ。あんだけ露骨に裕貴のこと気にしておいて! というのだけど、ちょっと気づきの萌芽が見えてきた? そうかと思えば、理緒、みうの距離がぐっと縮まって、なかよしの女の子たちっていいですねえ。ええ、いいですよ。そうそう、みうにモフモフされてるヤイバさん、よかったですね。というか、ヤイバさん、チョロすぎるよ。メロメロやんか。

『穂積くんは猫に勝てない』。穂積君、猫に慣れようと頑張ってますよ。子猫の突進にひっくりかえってみたりね、ええ、猫は柵の向こうなのにね! 子猫なら大丈夫かと思った、そういう穂積君だけど、そうか、子猫はじっとしないから難しいか。そんな穂積君と彩千華、芙未、三人で買い物にいって、ペット売り場でハイになる彩千華。いやもう、ヤバいレベルだ! 穂積君は穂積君で、書店で猫と仲良くなるための本探したりね、やる気見せてますよ、っと、後ろから監視されてるぞ!? やる気はあるけど、猫には負けっぱなしの穂積君。最後のね、顔面蹴られてみたり、おやつまみれでむらがられてみたり、この穂積君の下り坂! それを見守るふたり、いや面白がってるよね、芙未さん、その様子もいい感じでした。

『ごにんばやし』。歌詞を考えるため図書室にいった面々ですよ。そこで亜子だけ補習とか思われてるの、おかしかったです。そんな亜子の中学からの友人でいいのかな? この子が教えてくれた皆のあだ名が面白かったです。姫に王子、そしてギャル。皆、それぞれに直球あだ名だなあ! しかし、ミッチーがお嬢だっていうのはこれまでも散々描かれてきてましたけど、今回描かれたような雰囲気、これはちょっと意外な感じで、そうか、普通はこんな風に見えるんだ。つまり、亜子たちと一緒にいる時は、飾らない、気を張らない、自然体だったりするのかも知れませんね。自然体といえば、ギャルのね、見た目とのギャップ、意外性が語られてるの、うん、確かによい感じではないですか。正座して三味線弾いてるところ、なんかちんまりして可愛いよね。そして亜子ですよ。まさかのサイクロン! V3だ……。そうか、嫉妬、悪意を受けても気にしないマイペースさゆえのサイクロンなんだ。でもただただ遠くから見て憧れるばかりではなく、自分から歩み寄っていく、そうしたところ、亜子の長所だよなあ。そうですよ、皆、見習わないといけませんよ。うん、自分も見習うべきひとりかも知れません。

『年上の物理女子は可愛いと思いませんか?』、ゲストです。新入生の朝永佑太。可愛い女子のいる部活に入りたい、なんて不埒なこと思っていた彼の前に現れたのが、お下げも可愛い白衣女子。その手にするのは……、RPG-7だよ、おい。ロケットランチャー。朝永君、君、ものの見方が的確やな! ともあれこの出会いがきっかけとなって、ロケラン女子と知り合いになりました。物理部部長の湯川のぞみ。ペットボトルロケットランチャーを今から飛ばすのでぜひ見学をっていうんですが、やべえ、ペットボトルテロリズムだ、これ。いろいろトラブル振り撒く、そんなお嬢さんみたいですね。肝の太そうなお嬢さんに、ちょっと危険なもの感じつつも、その愛らしさ、その訴えかける目ぢからに見事負けて入部することになった朝永。しかし、湯川先輩。物理というの、物理学云々というより、物理特効みたいな匂い感じさせますね。ミニマム、パワフル、いいと思います。

『宇市さんは魔女』、ゲストです。我が家に居候する魔女、宇市セエラのプロフィール。300年以上生きていて、英国生まれ、明治のころに来日して帰化。苦労しながらも今までたくましく生きてきたのだけど、そうか、仕事ないんだ……。プロフィール、真面目に書いても信じてもらえない、って、そりゃそうよねえ……。魔女としてのなりわいも、法律の整備、技術の進歩のためにパッとしなくなって、いやでも、咲ちゃん、穀潰しというのは酷いよ! うん、でもまあ、収入がないので家賃がわりにアク抜きした山菜をそっと出すほどだものなあ。そんなセエラがこの家に暮らしている理由。ああ、そうか、恩人なんだ。その恩は大人だけが知っていて、咲は知らない。ああ、奥行かしいといえばいいのか、恩売ってまで尊敬を勝ち取りたくないというのか、これもまたセエラの人柄なんでしょうね。あの猫との会話にもそうしたところよく出ていて、ええ、いい加減というよりも、軽やかさ感じさせられます。

  • 『まんがタイムスペシャル』第26巻第11号(2017年11月号)

2017年9月21日木曜日

『まんがタイムきららMAX』2017年11月号

『まんがタイムきららMAX』2017年11月号、一昨日の続きです。

はんどすたんど!』、跳馬の踏み切りにはじまり、春の市民大会にかけての話題。これで皆の成長をしっかり感じさせてくれるの、とてもいいなって思いましたよ。ななみがいうんですね、踏み切りの音が違うって。自分たちのはぎっちょんで、ゆかちーやあやだとバコーン。なぜそんなに違うのか、あやの演技を観察して、それを自分たちの跳躍と比較してみてという試行錯誤の情景に、ただいわれるままやるのではなく、主体性もって体操に取り組んでいることが感じとれて、ほんと、これ、すごい、眩しいくらいのモチベーションでした。こうしたななみたちの意識、次からは一部に挑戦したいとうゆかに対する態度からも見てとれて、ゆかがいないと自分たちは駄目だ、そういいながらもね、ちゃんとゆかの背を押すし、さらにはゆかやあやの演技、見たいっていってる、そうしたよりよいものを求める気持ち。とてもいいなって思ったんですね。ほんと、だばだばしてたりする、そんな中にしっかりした気持ちの背骨があるよね。それが本当に気持ちいいんですね。

『のけもの少女同盟』。ニカにストーカーがついてるんだ! 誰かの視線を感じる、そういって怯えてるニカだけど、いや、下駄箱に手紙が入ってたんだ、これ気のせいじゃないよ。確実じゃん。そのストーカーと疑われた相手、ニカの可愛さのあまり、鑑賞するのを趣味にしてしまったクラスメイト……。松里まこ。その鑑賞がニカを怖がらせてると知らせたら、バレないように慎重にしないと……。基本いい子なんだけど、どこかに闇を感じさせる。うん、この漫画らしいですよ。この子の気持ちがニカには通じてなくて、しかもいろいろ報われなくて、そうした不憫さ感じさせながらも、最後にはこの子の頑張りがニカとのコミュニケーションを成功させてという、ここによさがありました。ええ、ささやかながらも、ふたりの間、距離は縮まっているのですね。

『私を球場に連れてって!』。今回はまた面白いペア成立で。レオナとファル子、ふたりいろいろやりあうことはこれまでもありましたけど、まさか一緒になってファルコンズ、キャッツ戦を観戦することになるとは。キャッツ側の内野席なんですね。だからユニフォームとか着られなくて、ええ、ファル子も遠慮してるわけですが、そんなファル子の背にファルコンズファンですって張り紙するとか、レオナ、怖ろしいことしてくれますね。でも、観戦してるうちに、ちょっとずつでも親しくなっていってるの、よかったですよ。選手のデータ教えてもらったりね、それでふたり名前で呼びあうように!? って、ファル子、春子と呼んでもらえてないこと、根に持ってるんだ。基本、敵対するチームのファン同士、なかなか表立っては仲良くは振舞えないけれども、その根っこには親しくできる芽があるのですね。そんなふたりの距離感、難しいけど、悪くない。ちょっとの緊張感がいいスパイスになっていますね。

『どうして私が美術科に!?』。課題の環境保護ポスター。これ、おかしいなあ。紫苑のポスターがどう見ても映画のポスターで、今にも上映されそう感がすごいとかね、その表現がまたおかしかったですよ。ポスターに表れる皆の個性、っていったらいいのかな。どんどん絵が小さくなる桃音とか、センスはいいんだけど添えられた文章が微妙な黄奈子とか、こういうの面白くっていいですよ。すいにゃん先輩のポスターの完成度に舌を巻く紫苑は見どころでしたね。なるほど、ポスターに求められるもの、その機能を満たすためになされる工夫もろもろ、その説明に感心しながらも、理解してることすなわちできるということでないというのを体現してるのがまた紫苑って話で、いやあ、面白いというか、他人事とは思えなかった! そうだよなあ。わかってるからってできるわけじゃないんだよなあ。ポスターのアイデア探しにいった蒼も面白かったですね。くろえちゃん、岡本玄恵先生とのやりとりも、また先生の学生時代の作品めぐるいろいろもね、ほんと、先生のちょっと先生らしくない表情垣間見られた、そんな感じでしたね。思いがけない蒼と先生の共通点もね、ちょっと先生を近しく感じさせてくれました。

  • 『まんがタイムきららMAX』第14巻第11号(2017年11月号)

2017年9月20日水曜日

『まんがタイムファミリー』2017年11月号

『まんがタイムファミリー』2017年11月号、先日の続きです。

『感染!ウイちゃん』。これ、あつしのお人好しが極まっててもうおかしいんですね。偽装を覚えたウイルスがセキュリティソフトのコスプレしてくるっていうんですが、服装はともかく背丈、見た目はもとのまんまで、一目瞭然、どう見ても別人なのに、あつし、まんまと騙されて……。いや、もちろん見分けはついているのか。毎夜、苦労してセキュリティーソフトなりきり衣装作ってるウイを見てたから、その努力を無に帰するに忍びない。それであえて騙された振りしてやってるのか。なんていいやつなんだーっ! 事情わからなくてやきもきしてるセキュリティーソフトがね、このコメディの肝でもあるんですけど、ちょっと不憫で、それであつしやっぱりこっちにも気を使ってね、ほんと、いいやつだと思います。そして最後の落ち! うおお、ウイ、めっちゃくちゃ可愛いじゃん! はいいとして、この全部あつしに返ってくるっていうの、おかしかった。いい展開でしたよ。

『役職名はお嫁さん』。ほんとおかしい。今回は陽大がおかしい。美如との思い出コレクション、それが美如にバレてしまった。って待って待って、段ボール箱に4箱。しかもそれ、床下収納に仕舞い込んでたんだ、って、板一枚! それ、美如さんもはやいこと気づこうよ! その箱には陽大と美如が結婚する前の思い出がしまわれている。って、いいじゃん! と思ったのは最初だけで、まさか美如からもらったアメの包み紙とかが入ってるんだ! すごいな、陽大。君、チャンピオンやな! これ、美如もまたよかったですよ。ドライ、ドライ。陽大が美如との思い出語るのを聞いてテレながらも手にはゴミ袋。いかす! でも最後にはちゃんと残す方向、提案してくれるんですね。それがあるから、陽大もここまでは残したい、ここからは処分していいって割り切れたんだろうなあ。今回はこの夫婦の、ちょっといつもとは違う甘い関係が見えてよかったですね。ほんと、素敵な夫婦だなって思ったら、ふたりでの食事の思い出ね、あれで笑っちゃって、いやもう、ほんと、美如さんは美如さんだわ。しかし、ここで包み紙全部見せたりしたら、普通はダメになりますよ、陽大さん!

『パパとあそぼう!』。たこ焼きというと関西ってイメージありますけど、最近は全国区だったりするんですか? テレビで見て食べたいといいだしたさくら。そのリクエストに応えるんですが、お母さん、いいなあ。むすめの要望に柔軟に応え、そしていざ焼くとなると、すごい、いつにない本気を見た! たこ焼き、オーソドックスにたこ入れてもおいしいし、チーズとかソーセージとかね、そういうのもおいしいって聞きますね。ちょっとやってみたい。で、この漫画面白いの、お父さんがほんといつも間が悪くって、まざって中身がわからなくなったたこ焼きから、さくらの食べたいのばかり引いちゃって嫌いっていわれるの、ほんと、おかしくって、いやあ期待を裏切りません。最後のお弁当もいかします。お母さん、いいですよね。デザート付♥って! ほんと、これちょっとチャーミングでしたよ。

『かしこみかしこみ』。今回はお昼寝。お昼寝友の会とかあるんだ。主婦三人でやってる活動? ほんと、これ、なんか面白い、ちょっとやってみたいですよね。山椒を寝かしつける橘、これよかったですね。いいお姉さんだわ。山椒の眠りにつくまでのくだり、しっとりとして素敵。そしてムクの規則的な寝相! コロコロ転がっていくんだ。しかも布団で寝てると時計がわりになるんだ。こういうところもおかしかったんですが、お昼寝友の会の活動、それがね、すごくマイペースで、そのゆったりした楽しみ、すごく素敵でした。おめざまでがお昼寝。昼寝して、おやつ食べて、そこでコミュニケーション。悪くないなあ。ちょっとした非日常で楽しいっていうのもわかるんですが、家での昼寝は寝すぎちゃうっていうのがおかしい。ええ、これ、すごくよくわかります。しかし、いくら気持ちいいからって、公園の芝生で三人横になって寝てるっていうのは、非日常というか、シュールというか、さすがにびっくりですよね。ええ、すごく平和でのどかな情景です。

  • 『まんがタイムファミリー』第35巻第11号(2017年11月号)

2017年9月19日火曜日

『まんがタイムきららMAX』2017年11月号

『まんがタイムきららMAX』2017年11月号、発売されました。表紙は『こみっくがーるず』、あたたかな印象のある表紙であります。ここは図書館? それとも書斎? 書棚に囲まれた部屋の中、ソファにふたり並んで座る琉姫とかおすのそのたたずまい。まるで姉妹のようですね。すっと背をのばして本を読む琉姫は美しくて、対してちょっと落着きなさげにちょこんと座ってこちらを見やるかおすの愛らしさがよい対比になっています。ふたり揃いに見えてちょっと違うシックな服装、なにかハイソサエティな女学校的なよさありまして、かぶっているベレー帽もまた可愛い。テーブルに積まれた本の中に、きららMAX8月号があるの、ちょっと面白いアクセントでありますね。

『ももいろジャンキー』、これ、めっちゃくちゃ面白い。ちょっと荒れ気味の高校で、目立たず静かに暮らしてきたはなが、なんと不良に呼び出されてしまった。ここからが本当に予想外の連続で、友達になって欲しい、妹と会わせて欲しい。なんで? おお、保育士志望! そこからの妹、ももの活躍ですよ。いきなりおかえりなさいおどり。姉が不良と怖れる由比ヶ浜美耶のことも、みゃーちゃんみゃーちゃんと懐いちゃって、でもって思ったこといっちゃうからね、子供! みゃーちゃんが思いっきり振り回されるの。それからはなも。家でももにやってること、どんどんバラされちゃうくだりが最高。で、みゃーちゃんにぶーッ。これ、すごいよ。笑いをこらえられる自信がない。初見でやられて、読み返してやられて、これ絶対笑う。何度見ても笑う。ほんと、ものすごかった。ももの描かれ方ですよね。3歳児の突拍子もない行動、それがいかにもそれっぽくって、でその唐突な行動に対応できないみゃーちゃんのリアクション、これがまたすごいの。でもって、まさか最後にみゃーちゃん、泣くところまでいっちゃうとかね。いや、ほんと、これすごく面白かった。いやもう、すごかったです。

『退職活動最前線!』。会社を辞めたい同盟? 嫌んなったら即辞表出してイインダヨー。というか、自分も仕事辞めたい。まあ次がないから辞めないんだけどさ。主人公? 赤間めい、のっけからズル休みなんですね。仮病で休むとメールを送って、そうか最近はメールで欠勤受け付けてくれるのかあ。時代は進んでいる。そして行く先はカフェ「ねむみ」。そこでSNSで知り合った面々と仕事辞めたい談話。これ、なんとなく嫌になった期なのかな? 3ヶ月目。4月からなら、連休が終わって、なんとなく最初の緊張感がなくなって、仕事にも慣れかけてきて、すなわちいらんことを考えはじめる頃合い? 会社を辞めたい人の集うコミュニティ? ねみゅにてぃで仕事辞めたい気分を話しあったりするのかな? でも仕事って、辞めるつもりになったらすぐよ? 考えるより先に動いてみたらイインダヨ?

『しのびます!』。15歳の誕生日を迎えた西園寺いちこ。彼女のもとに現れたのが忍者を自称する萩原もみじ。なんと十五代目。ちんまりとしたくノ一で、いちこをいち様と慕い、守るという。なんだかどんくさい? いろいろ勘違い? いちこの友人白鳥りんこに面白がられて遊ばれてとか、なかなかいろいろ頼りなさそうなんだけど、あの車が跳ね上げた水飛沫から守った手腕、あのクールな表情、見事ですね。ギャップがプラス方向に働きかけて、いやもうかっこいい、いちこも一瞬ドキッとしてますよね。幼ない頃のもみじといちこの出会いから、最後には泣き落とし。いや、これそういう手管かなと思ったら、そうじゃないっぽい。純情忍者と純情お館様。扉はじめ、ところどころで咲く百合が意味深でありますね。

『デザイナーさん、限界です。』。「わりとノンフィクション」っていうアオリが笑えないですよ! デザイナーの筑紫さん。見るからに出来る女といった風貌、社内にもファンが多いって感じのお姉さんなんですが、昨日も徹夜、激務で1週間の会社泊。あかん、あかんで。手持ちの業務を確認して、きっちりスケジュールたてても、これ今日中といって仕事が割り込んできてグチャグチャ。クライアントからは修正、依頼、割と好き勝手に投げてこられて、ついつい仕事も深夜にまで及ぶことに……。って、これ、カローシ案件だ! ともあれマネジメントが欠如してるとか、コンプライアンスどうなってるのとか、これ筑紫の受ける仕事の単価をあげて受注を減らすべき局面じゃない? というのは需給もろもろが真っ当な場合にいえることで、それこそ人の価値も仕事の価値も目減りする一方だったデフレ下ではこういう状況が蔓延してたんだろうなあ、みたいなこと思わされる漫画でした。ちょっと生っぽいですよね。生々しいってことでもあるし、わりとノンフィクションな素材がどーんときてる感じでもありました。

  • 『まんがタイムきららMAX』第14巻第11号(2017年11月号)

2017年9月18日月曜日

『まんがタイムきららミラク』2017年11月号

『まんがタイムきららミラク』2017年11月号、一昨日の続きです。

しましまライオン』。最終回ですよ。皆の卒業式。皆、人の世界で頑張って、学校通って、友達作って、そしてひとつの節目を迎えた。凛奈が保護者席にいるの、おかしかったですね。しかもお母さんと思われてて、ほんとノリよくお母さんとして振る舞っちゃうっていうのね、あれおかしかった。学校のクラスの皆と別れてからのまこ。人間の友達作りすごくすごく難しかったって、あの熱弁も、妙に刺さりますよね。ええ、まこちゃん、頑張ったんだね。神様からのねぎらいも、そして皆の卒業後の進路も、ひとつひとつが感慨深い。そして再会ですよ。おお、いおんが帰ってきた。サバンナの問題を片付けたら戻ってくるって約束してたんだ。そんないおんとまこの再会に、相変らずのいおんと、そして成長したまこの姿、ああ、ふたり、本当の友達になれたのかもなあ。ほんと、ふたりともいい笑顔! もう、ぐわーって胸にきましたよ。

『魔王城のお姫様』。これはちょっと面白いことになってきましたね。というか、大変なことになることがわかりきっている、そんな展開が着々と積み上がっていくのが面白くてですね、メルルを探す妹マールですよ。聞き込みの結果、姉の居場所がわかった。でもって相棒のシャンドラに連れられて魔王城に向かうんですが、まさかそこでメルルがやりたい放題やってるとかマールも思わないし、しかもそのやりたい放題が自分に牙をむくとかね、ほんと、思わんよね。前回の墓地での脅かしへのリベンジですよ。罠だらけですよ。で、そこにマールが踏み込む……。絶対、ろくなことにならない……。もうワクワクがとまらないですよ。

広がる地図とホウキ星』、いい調子ですよ。いつもの3人娘。クエストに自分の趣味、グルメ旅を求めるんですが、そんなところに現れた限定クエスト。限定に弱い限定同盟が突然結成されたぞ! 私も入れてくれ。苗を研究所に届ける、それがクエストの内容なのですが、向かう先がオコメの産地なんだ。買い出しもついでに頼まれたり、研究資金も出してもらえたり、リンは下宿先に恵まれてる! 翌日もまた面白い。ゼルダが寝坊して遅れてきたかと思ったら、リンも忘れものしてたりして、どんどん予定が狂う。でもこの子たちの様子見てると、そのいきあたりばったり、出先でのアドリブ行程がまた楽しくていいんですよね。ご飯食べるところもとてもいい。田んぼの中を牛バスで移動してる時に、突然判明したリンの苦手。ああ、でもちょっと可愛かったな。意外性っていうのもあるかも。これね、やっぱり面白い。到着した研究所。研究者のシバさんの、やっぱりというかすごく個性的なところね。そしてひとたびトラブル、問題があらば、魔法と工夫で解決していく。雷魔法で窒素固定するとかね、すごい展開! で、ヴェリがおさきまっくらやとかいってるの。ほんと、おかしい。魔法と工夫と実験と、実験結果の幻のオコメ。それをお土産に持ち帰ってからもまた面白くって、ええ、このほのぼのでワンダー。この漫画のよさ、今回もバリバリに出ていましたよ。

『お願い!ロイヤルニート』。前回のほたるの舞踏会に出るという話、その続きでありますよ。皆でほたるの品格を審査する。素敵なレディーに仕上げるっていうんですが、いやいや、金剛さんたちもわりかし大概でしてよ!? と思ったら、ほたるが自ら瑠璃子につっこみいれてました。ほたるの中のお嬢様を解放するとか、錆びついたロボットみたいなワルツとか、こうしたくだりたいそう面白かったのだけれど、まさかこの後に急展開が待ってるとはまったくもって予想外。ああー、ほたる、退学の危機、忘れてたよー! 落ち込んだほたるから退学の件聞き出してからの金剛さんがよかったですよ。ほたるを退学になんかさせない、そんな気持ちがもう真っ直ぐで、けど大金は受け取れない。お金のために友達になったわけじゃないっていうほたる、その言葉にはぐっときたし、またほたるの言葉をお金より自分がいいと理解した金剛さんのあの嬉しそうな顔! ほんと、この子たち、素晴しかったです。これ、文化祭のワルツ、そこに山場がくるんじゃないか、なんて期待させられるのですが、ほんと、今回のくだりだけでも実に魅力的でありましたよ。

  • 『まんがタイムきららミラク』第6巻第11号(2017年11月号)

2017年9月17日日曜日

『まんがタイムファミリー』2017年11月号

『まんがタイムファミリー』2017年11月号、発売されました。見事な秋晴れ。『大家さんは思春期!』チエちゃんも洗濯にせいが出ますね。晴天下、洗濯ものを干していく。見事な笑顔。てきぱきと家事が片付くのが気持ちいいのかも知れませんね。今回のテーマは家事でしょうか。『うちの可愛い掃除機知りませんか?』は掃除機、アプリが元気に和彦を吸っていて、『おしかけツインテール』花梨はホットケーキ焼いている。花梨もいい笑顔でありますね。

『軍神ちゃんとよばないで』。これは史実にあったりする裁定なのかな? 土地について争う豪族。なんとか丸く収めようとした結果、虎千代の裁可に委ねられることになったのですが、いやもう、たまったもんじゃないなあ、こんな役目。でも領主ってのはそういうことなんだろうなあ。あまりにも埒があかないから、一旦時間をもうけて考えるというのですが、家臣に求めたアドバイス、その答えが本当におかしくって、武闘派はとことん武闘派。宇佐美などは謀略そのものといった答を出してきて、いやでも、これ、この時代だとこういう考え方、特に酷いものでもないのだろうなあ。おそらくは一般的。領地は取れる時に切り取る。きっと当たり前だったんだ。けど、こんな生き馬の目を抜くみたいな時代において、見事情に訴え丸く収めた虎千代。ああ、こういうことなんだろうな。謙信の存在感には、きっとこういう背景があったりするんだろうなあ。

『牧場OL』。糸魚沢がすごい顔! お勤めご苦労様ですって、いやいやいやいや、懲役開けじゃないんですから。今回はメインに七夕まつり持ってきまして、いやあどーんと浴衣で登場、野花、可愛いなあ。スアンさんも最高だなあ。鷲巣さんも美しい。で、鶴沼さん! 期待してたのに! もっと、もっと大きく描いてさしあげて! これ、七夕まつり、皆を呼び出して、現地でそれとなくカップル成立させようって腹だったんですね、野花ったら。で、虎杖浜とスアンさん。めちゃくちゃ面白い。スアンさん、言葉選んでそれなんだ。直球どころか死球コースよ? 本当に死んでしまって出塁できない系の。でもって野花と糸魚沢。ふたりきりで残されて、ああ、なんだかラブい話!? と思ったら、全然違った! いや、どうなのか。いずれにしても野花の選択でありますね。北海道に残るのかなあ。そうであって欲しいなあ。

『広島さん、友達になってください』。おお、お父さんが帰ってきた。一時的だけど広島にやってきた。娘から手紙もらって、ほだされちゃって、でもってそこで妻からのとどめの一撃。酒まつりあるよ! へー、広島の酒どころ、西条のイベントなんだ。広島は鯉城あったりする城下町だから、酒どころもあるってわけなんだろうなあ。いきなりのウコンスタートから、試飲、購入の好サイクル。でもって、ああ、タミちゃん、ソフトクリームをまつりに来てたお姉さんのスカートにつけちゃった! でも、この人、明るくって、陽気で、お母さんとも意気投合。お酒のせいもあるのかな? いや違うな、これはそういう素敵な人なんだな。この出会い、そしてこの人の来歴をからめてキミの将来に思いを飛躍させる。父の思い、娘の思い。いろんな思いが交錯する。とてもいい話でしたよ。

『妹のおシゴトは時給2000円』。すっかり妹になったな、ミエ子よ! 只野のもとにあらわれた、親しげな女子。何者? 只野のことをおにいと呼ぶこの人は、ミエ子以外の妹契約者!? いえ、いとこでした。自称、只野の婚約者。いや、これ、金目当てだろう! 遊子、実際ミエ子の目の前で5万の指輪をねだってて、これにミエ子、怒っちゃうのか! 妹を…ナメるな。ほんと、ミエ子、変わったなあ。よくなった。擬似的なものとはいえ、家族に対する気持ちがしっかりとして、只野に対する気持ちはなんかバタバタしてるみたいですけどね、本心で心配してることがしっかりわかる。なんせ、これからは私があいつから守ってやるですよ。ミエ子、かっこいい! 只野も感動。衣々子もそばで気持ち揺らしっぱなし! ああ、ミエ子さん、かっこいいよ。ヒーローみたいだよ。

  • 『まんがタイムファミリー』第35巻第11号(2017年11月号)

2017年9月16日土曜日

『まんがタイムきららミラク』2017年11月号

『まんがタイムきららミラク』2017年11月号、発売されました。表紙は『うらら迷路帖』。千矢、神秘的! 森の中、木の枝に座り鳥と戯れる千矢の姿はいつもとはずいぶん違って、裾に、胸元にあしらわれた格子状の意匠も印象的な白いワンピース。髪の白さとあいまって、この世のものではないのではと思わせる、そんな雰囲気。目の色の赤がはっとさせます。目、マニキュア、そしてインナー? 赤が極めて印象的です。しかしほんと美しい表紙。千矢の千矢らしくない千矢らしさが光ります。

城下町のダンデライオン』、お久しぶりです。扉の茜様も麗しく、ほんと、素晴しいな。夏の装い。華奢な身体が大変に魅惑しますね。困ったな。いや、困るこたないんだけど。そんな茜がいなくなるというんですよ。アンジェがまいっちゃってね、いやあ、大学の研修で一週間家を空けるっていうんです。そんなこったろうと思ったよ! アンジェの茜依存ゆえのドタバタ。それが桜田家の子たちそれぞれに波及して、それぞれに対応はしてくれるんだけど、そこまでシリアスにならんのが、まあそりゃ一週間だものなあ。ぞんざいだったり当惑だったり投げ遣りだったり、そんな対応が皆のらしさを感じさせてくれていい感じでした。最後に茜様。あー、クールに拒否! 茜様、かっこいいなあ。そしてハグ。なんだかんだいってアンジェに甘いのがいいですよね、茜様。

以下、初登場の特別読切です。

『ローファス姉妹と吾輩と旅』。なるほど、ファンタジー世界を旅する娘3人組。ふたりは姉妹、そして吾輩、主人公がトラブルメーカー。というかネガティブすぎてすごい! ドーラ・ヴァイオレット。エルフだっていうんですが、それじゃあさぞ優秀かというとそうでなく、魔法とか使えちゃったりするの!? と思ったらそうでなく、気位とか高かったりして!? いやいや、そうでなく。背丈もちんまりして、こういうところ、パターンを外してきていいですね。シャン・ローファス、ニル・ローファス、人間の姉妹に助けられて以来、一緒に行動しているのだけど、あまりに役立たず、むしろ迷惑ばかりかけていて、いつか捨てられるんじゃないかとネガティブな想像ばかりしている……。初回からローファス姉妹の活躍見せてくれるんですが、その有能さを見せるの、ドーラの駄目っぷり協調させるためだよね!? 自分を駄目と卑下するドーラと、ちゃんと見守ってくれるローファス姉妹。むしろ可愛がってくれている? ちょっと距離の近い3人の関係。ほのぼのだけでないもの感じさせてくれますね。

『酒場ユートピアへようこそ!』。ゲーム的世界観ですね。RPGっぽいのね。酒場が舞台。ということは、冒険者がやってきて仲間を探したりしているのかい? と思ったら、あかんがな、全然お客さんこないんだ。店主のエレナがドジでバタバタやってるからじゃ? なんて思ってる昔馴染みのリィザ。この子が子供の頃からの夢を叶えて? 魔法使いの格好して来店してくれたのだけど、こういう知人友人からお客にしていこうというの、現実路線でいいですね! 自信がないから諦めたといってるリィザだけど、魔法、暴走とはいえ教会の塔、ぶっとばすんだ! その流れで、教会の僧侶が店にくるようになったり、しかしこれでこの酒場の経営、なんとかなるんでしょうか。でもとりあえずこの3人は仲良くなりそうですよね。

『深海の少女達』、深海に暮らす女の子たち。人の姿をとっているけれど人ではないんでしょうね。ニンゲンについては、その存在くらいは知っている。そんな彼女らの街にニンゲンの生活の痕跡が流れついたりするんですね。掃除機を見つけだしての会話、新種の生物!? って、確かにそんな感じかも知れん! フライパンを盾かと思えば、容赦なく攻撃して試してみる。シィナの髪は凶器……。皆、それぞれに強力な攻撃手段を持ってたりするのかな。穏やかでおっとりとした彼女らの、浮き沈みない、いや深海だから沈みっぱなし? ローテンション気味のやり取りはちょっと癖になりますね。そんな子らのニンゲンに対する興味? 先生はニンゲンのこと知ってるみたいだけど、知らない方がいい? なにかニンゲンとの間で確執が? なにかここに物語の芽、この漫画の核があったりするのかも知れませんね。

  • 『まんがタイムきららミラク』第6巻第11号(2017年11月号)

2017年9月15日金曜日

きよしもおやつ

Twitterで流れてくる美しいもの。誰かが見つけて、あるいは日々チェックして、こちらへと流してきてくれる美しいもの。美しいものに出会えると嬉しい。そしてそれがあまりに美しかったりすると、それを作った、描いた人のホームへと赴いて、もっと美しいものはないだろうか、過去へ過去へとさかのぼり、そのうち自分からチェックしにいくことになってと、お定まりのサイクルへと落着きます。さて、今回はそんな美しいもののひとつ。まあ、このtweetをご覧あそばせよ! 『きよしもおやつ』、うおー、なんだこれー、やっぱり素晴しいよ! って思いますよね?

『きよしもおやつ』がきっかけになって知ったわけではないのです。結構以前から存じあげてはいて、やっぱりね、目を引くではありませんか。

美しいもの華やいだものにぎやかなもの愛らしいもの楽しいものほほえましいものいたいけなるもの健気なるもの。そしてほのぼのはっとさせられる

漫画だって面白い。七夕のお願い戦艦の威厳。素晴しくない? いや、素晴しいですよ。

美しいものが流れてくるたびに訪れていたホーム。そこでトップに固定されている『きよしもおやつ』の案内の、表紙それから各エピソードの導入ページを見ましたら、どうしても先が気になって入手しないではおられなかったのですね。美しい絵。チャーミングに表現されたキャラクターたちも表情豊かに生き生きと。ほんと、そんな子たちが楽しそう、嬉しそうにおやつを食べたりするのでしょう? そんなの読むしかないじゃない!

物語としては他愛もない話です。小さな子たちの細やかな日常のエピソード。遠く離れた故郷を思う友達をはげましたり、自分の失敗を悔やんでみたり。笑顔、笑顔の合間にちらりと見せる切なさ、憂いの表情に引き込まれますね。心配そうにうかがう表情もまた。お姉さんたちは余裕の表情見せてくれちゃったりして、ああ、足柄さんの美しさ、エレガンス、これもまた魅力だよー。大きなお姉さん、小さなお姉さん、あこがれ、我慢、ちょっとの努力に、最後は魅力的な笑顔がほころんで、花咲くみたい! 普通のことが、誰しも経験したことのあるようなよくある出来事が、ひとつひとつ特別なことと感じられるのはどうしてなのだろう。それは多分ね、清霜はじめ小さな人たちが、起こることひとつひとつに、その気持ちを一生懸命に駆動して、その全身で、表情で感じたことを、思ったことを表してくれるからだと思うのですね。もう慣れてしまった、そんな風にすれてしまった自分も、清霜たちを通じて、すべてのことをフレッシュな気持ちで受け取ることになる。それが、すなわち、特別ってことなんです。

しかし、この人の描く清霜。おそろしくチャーミング。これは、愛なんだろうな。ほんと、同人活動の同人活動たる根本にして、面目躍如ってやつですよ。

2017年9月14日木曜日

YAMAHA ヴェノーヴァ カジュアル管楽器 YVS-100

 もともとの製造数が少なかったのかも知れませんが、まさかこんなにあちこちで品薄になるとは予想もしない展開でした。YAMAHAのVenova。ヨーロッパで先行発売されていた新しい管楽器です。樹脂製のボディ。軽量で、持ち運びも楽。丸ごと水洗いもできるくらいに手入れしやすいというのは、ちょっと思い付いた時に吹いて、ぽいっと片付ける、みたいな運用も可能ってことですよね。よいかもなあ。面白そうだなあ。そう思ってたので発売日に買いました、といいたいところだけど、ちょっと出遅れたために入手は発売から数日後になってしまいました。

まだ試しに吹いた程度です。なのでほぼファーストインプレッションです。

管を曲げることで、ある程度の管長を確保しながら、コンパクトなボディと無理のない指孔配置を実現していることが売りのひとつになっている楽器です。この管長が確保されているということ、たくさんあるカジュアルサックスの中でもアドバンテージになるのではないかと思っていました。カジュアルサックスっていうのは、JsaxとかXaphoonですね。どちらも楽器店で試奏させてもらったことがあるのですが、安定しなくってですね、面白いんだけど吹きにくい。でもなんだかこういうの、一本欲しいんだよな、そう思っていたところにVenovaが発表されて、いやあ待ちましたよ。でもって到着して、休日を待って吹いてみて、あれー、やっぱり安定しないのねー! びっくりしましたよ。

この楽器は右手中指のアタッチメントを付け外しすることで運指を選ぶことが可能です。ジャーマン式とバロック式ですが、どちらがいいのだろう、手元にくる前はいろいろ考えていたのですが、思った以上に抜けの悪い音にバロック式を選択しました。音程の傾向を確認して決めるつもりでいたのですけどね、もともとあんまり安定しない、ということは口元と指で調整すること前提となるわけでして、だったらジャーマンでもバロックでも好きなの適当に選んで、あとは自力で微調整すればいい。音程が選択の理由にならないのなら、右中指ひとつではありますが音孔を大きく開けることのできる、つまり多少は音抜けに有利になる? バロック式を選んだ方がいいんじゃないかな。といった理由でバロック式に決めたわけです。でも、ある程度吹いてたら、ジャーマンでもバロックでも、そうそう違いはないなって感じです。

マウスピースとリードを使う楽器です。マウスピースはソプラノサックスのものがそのまま使える。とはいうものの、径の太いマウスピースはとりつけることができず、また付属のマウスピースより音程が低くなるものも向かない。このへんはいろいろ試してみるしかないところですね。付属のリードは樹脂製で、マニュアルにもあるとおり柔らかめのもの。より硬めのものに変えることで高音など出しやすくなりますよ、みたいな説明もあったので、たまたま手元にあったLegereのリード、3 1/4を試してみたところ、確かにこちらの方がずっとよくなります。

マウスピースはソプラノサックスのものが使えるということは、マウスピース、リガチャー、リードに工夫の余地があるということです。なので、付属のものから手持ちのものにひとつずつ変えていったところ、リードを適切な硬さのものにすること、それからリガチャーを変えることが重要かなあと思いました。もちろんマウスピースの変更は大きいんですよ? でも、この楽器はこういうものみたいに割り切れる範囲かなと。対してリード、それからリガチャーの変更は、マイナスになってるものを0に戻すような感じがします。それはつまり、付属のものがそれだけよくないってことかも知れませんけどね。

Venovaは思ったよりもスラスラと吹けない楽器ではありますが、吹いているうちに慣れる、うまい鳴らしかたがわかってくる、そんな感触もあります。なので長い目で練習していくのがいいかなあ。でもそれだけしっかり取り組むならサックス吹いた方がよくない? みたいなところもあって、いろいろ難しい。この楽器自体をオプションのひとつみたいに割り切るとよさそうですね。

2017年9月13日水曜日

『まんがタイムジャンボ』2017年10月号

『まんがタイムジャンボ』2017年10月号、昨日の続きです。

『雀娘。』。ゆいとあまね、他の雀荘に赴いてのアウェイ戦。黒川のホームだっていうんですが、ニコニコして勝負を持ち掛けてきたアキラなる人物。見たところ女の子かと思ったのだけど、あれれ、男なのかな? あ、完全に男か。雀荘に出入りする女、とりわけ弱いのが嫌いっていって、心の狭いやつだな! その上、黒川がゆいに振り込んで負けたことを根に持ってる? あまねにゆいの腕前うかがいながら、初心者のゆいに汚ない手で勝ちにいく。いやあ、まさかイカサマでくるとは予想外。これは、イカサマ相手に気づかずゆいが勝ってしまうパターンでくるのか、と思ったら、ああ、いきなりバレてるよ。これ、あまねのこと舐めすぎたんだろうなあ。ともあれ、これ、力強く最悪な顔見せなんですけど、この後、イカサマを水に流して仲良しね、となるのさすがに困難すぎない!? ほんと、黒川の反応見るに、わりとこれ、常習的にやってたりする? いやあ、好感度最低からのスタート。今後、どう取り戻してくんだろう、これ。

『人気マンガ家になるための15の法則』。今回は宅飲みですね。人と話さないからキャラのセリフも出てこない。痛いところ突かれる相沢ですが、あえて宅飲み。さらに綺羅星もやってきてというんですけど、これ、相沢、被害者やん。一気にビールをジョッキであおって、というか、そのジョッキ、家から持ってきたの? それで一気に酔う喜多村。相沢、置いてきぼり。しかも飲むとテンションが下がる。って、どんなやねん、喜多村。途中参加の綺羅星は泣き上戸で面倒臭い。と思ったら、あ、いいじゃん、相沢ならぬ愛澤のファンだって激白。これで相沢が自信持ったりするといいなあ。それに喜多村もちらっと本音を漏らしそうになって……。しかし、この喜多村ね、こんだけあやしくなってたのに記憶はしっかりしてるんですね。ほんと、この漫画は綺羅星がいいですね。

『大正みつば歌劇団』。先生のお姉さん、演劇なさってるんだ。でもって手伝ってくれるんだ。馬場操さん。卒業生にして演劇部の先輩! で、廃部になった理由、あなたですか……。本物の馬導入! 講堂を改造! いいなあ、操さん。女学生の頃の操さんも素敵です! さて、今回は幽子、歌子の話でしたね。なぜ歌子は演劇をすることにしたのか。それを幽子に聞かれて、答えるうちに本心に辿り着く。ああ、歌子、自分が地味で目立たないだなんて思わないでほしい。しかしそんな歌子の手をとって、自分と同じだ、幽子のかけた言葉に素直な笑顔が実に素敵で、ああ、ふたりともにこの演劇部での活動を通して、新しい自分、自分さえも知らなかった自分を見つけていってくれたらどんなにかよいか。そう思わされて、ほんと俄然応援したくなりますよ。ところでマリさん、するどい! ちょっととぼける歌子と幽子可愛くってですね、ほんと、皆本当に魅力的な子だと思います。

『あの日の海と16歳の夏休み』。お店を探る怪しい影! 建物、設備を調査して、あとは店長のことを調べて……、というその人物を押さえてみれば、噂の美々ちゃんだそうです。菜乃の話、6月号ですね。髪形変えるといじわるなこといわれちゃう。そのいじわるいってたのが美々というの、観察から目の前にいる女の子だって見抜いたさき、なかなかにすごいですよ。で、菜乃にいじわるしてるっていうので、ああ、許せないんだ、許してないね。かと思えば、美々によると、いじわるされてるのは自分らしい。その理由も勝手と思うのだけど、そうかあ、簡単に真似されるの嫌なんだ。おしゃれについて切実に思っている、その気持ちはよくよくわかりました。自分を守り支える自信そのものなんだね。でも、こんな美々と菜乃を和解させた店長ね、きっと仲良くなれるといわれた美々の表情がすごくよくって、ちょっと素直じゃないんだけどね、このちょっとむずがゆいような感触がね、とてもいいなと思ったのでした。

  • 『まんがタイムジャンボ』第23巻第10号(2017年10月号)

2017年9月12日火曜日

『まんがタイムジャンボ』2017年10月号

『まんがタイムジャンボ』2017年10月号、発売されました。表紙は『レーカン!』、天海さんったら見事なドレス姿。これ、おめかしして素敵なディナーなんでありますか? 『人気マンガ家になるための15の法則』、相沢と喜多村もおめかし。なんですが、相沢、お高いメニューにひるんでますね。『ペンタブと戦車』は、おお、武田大尉、ばっちり正装だ。かたわらには、おめかしした98式ハクが寄り添って、でもこれ、里見青年の描いた板看板だーっ! この他に『モンスターだってうまい飯がたべたい!』のゲスト掲載告知カットもございます。

『でっかいんちょ』。このところ相見君と育の周辺、いろいろ動いてるなあって思ってたら、これ、最終回に向けての布石だったんですね。今回は悩める相見と育、それぞれを見守る周囲の視線ですよ。おお、相見だと恋愛関係だろう、対し育だと食欲の秋関係なんだ! この対比が延々描かれるくだり、めちゃくちゃ面白かったです。それで同時に、ふたりの恋愛、相手に対する気持ちなんかも整理されていくの、うまかったと思います。そして相見と鳳、ふたりの交際疑惑が明確に否定されて、ああ、相見ったらまったく意識してなかった。で、この会話、鳳、聞いちゃってたのかあ。鳳の育への宣戦布告。これ、本当に勝負なのか、育の背を押そうとしているのか。わからないけれど、次号最終回! ああー、終わっちゃうかあ。

『偏食女子は恋でおなかを満たしたい』。会社のイベントで焼き肉だというのですが、様子のおかしいアキ。ああ、この子、変わろうとしてるのだなあ。今野を避けている? これで今野がショック受けてるのがおかしいですよね。平岡いわく、今野さんは変わった、それを実感させられるところが、まさにこれなんでしょうね。しかし平岡、今野への愛が重い。食事を持ってきたという、それがほんとにヘルシー志向。さらにビールもノンアル持ってきちゃって、長生きして欲しいです。いい子だなあ! この子と今野の対話。そこにうかがえる、アキへの視線。ああ、アキは今野の扉を開いたのか。アキもですよ、おお、偏食を克服しようとしてる! すごいなこれ、ほんとすごい決死の覚悟。ああ、これ、アキに対する平岡の視線、それも変わっていきそうですね。いいな、この頑張るアキ。

『ペンタブと戦車』、カラー、素晴しいなあ。里見のいう本当に書きたい絵、それがあの絵なのだろうなあ。スケッチブックに描かれた戦後の風景。しかしこれはどういう状況で描かれたのか。あの散った桜の花びら、とてつもなく意味深で、ちょっと! ちょっとやめてくれよー。泣きそうだ。これは里見が、戦後亡き武田大尉を偲んで描いた一枚とか、そんなんじゃないだろうなあ! もうー! しかし、ノモンハンの戦場、いよいよ歴史に抗おうとする意思漲って、ああ、里見参謀、貨車の導入を果たして、歩兵の展開を迅速にする。これ、里見の持ち込んだ電撃戦に関する資料を見ての工夫であるか。ほんと、これ、勝てるのか、歴史は変わるのか。戦いの火蓋が切られるまでの武田と里見の会話。そしていよいよ戦端が開いてからの里見の武田に向けた語り。平和への強い願いが切実で、その思いを受けた武田の言葉、これも本心なのだろうけれど、果たしてそうなるものなのか。うつむいた里見の読めない表情に不安ばかりがつのるのですが!

『モンスターだってうまい飯がたベたい!』、ゲストです。バイトを探す高校1年生、成瀬葵。これ、家計簿つけながら今月も赤字と唸ってるわけですけど、おおう、えええ、つまり君、家系を担うのか。悲しい現実すぎる……。しかしこれで見つけたバイトがなんだかあやしい。しかもろくに面接もせず手をとって採用!! これに抵抗する葵、いいですね。やばい人だっ、やばい人だっ! この子に常識的な感性があるというのきっちり示されていますね。で、この店がタイトルにいうようにモンスター向けの食堂で、最近アニメにもなってますけど『異世界食堂』っていうやつ、そういう感じかと思いきや、あちらは広い意味での人類がお客であるのに対し、こちらは見事にモンスター。しかも人を弄ぶよ! タコなの? クラーケンなの? よくわからないのにうにょうにょされたと覚えば、吸血鬼のお姉さんにも散々からかわれて、けどちゃんとそういうのよくないって助けてくれるやつもいるんですね。あの狼男の兄さんかな? 葵と仲良くなったりするのかな? この漫画、モンスターの出入りする食堂っていうだけでなく、料理のレシピなんかも載せるんですね。なるほど、これもまたこの漫画の柱であるのですね。架空の料理ではなく現実に作って食べられるレシピ。今回はビーフシチュー。これ、いいのあったら試してみるのもよさそうですね。

  • 『まんがタイムジャンボ』第23巻第10号(2017年10月号)

2017年9月11日月曜日

『まんがタイムきらら』2017年10月号

『まんがタイムきらら』2017年10月号、昨日の続きです。

『ハッピーセピア』。みなみの様子がおかしい。ボランティア活動でゴミ拾いしてた時は元気だったのに、なぜか突然よそよそしくなって、いったいなにがどうしたのだろう。これ、戸惑いだったんですね。特に縁があったわけでない、なにかのきっかけがあったわけでもない、なのに気にかけてくれる人がいる。なぜか。それがわからないから、どうしたらいいかわからない。うん、これ、みなみの感情もわかります。でもここで、かえで、しくじっちゃいましたね。未来からきてることは話せない。だからと、中途半端に誤魔化してしまったせいで、みなみ、自分こと、誰かの代替と思っちゃったんだ。このすれちがい。みなみにとっては、かえでの特別なのではないかという思いがあったのかもなあ。実際にそのとおりなんだけど、このかえでのとりつくろいで、誰かのかわりと思っちゃった。みなみの傷ついてしまったこと、かえでもはっきり理解して、ほんと、この状況、なんとも切ないなあ。けれど、みなみにしてもどこか心残りのようなものあるようで、これ、状況の解決の手掛かりになってくれそうですね。というか、なってくれんと困る。

『オリーブ! — Believe, “Olive”?』、スズとコニーの関係が、いよいよいきつくところまでいきつこうというのでしょうか、いやもう、その場に立ち会うことになってしまったリリィがなんともいわれん表情しとるのね。よろしくヤルだコニーはロリコンだ、さらにはできてるダロ…これ。三人でいるのに、微妙に蚊帳の外といいますか、コニー、スズの間に入り込めないリリィが微妙にささくれてるのがおかしかったです。極めつけは最後のふたりの様子。もう完全にそこにいるリリィ置いてきぼりですからね。ええ、ほんと、立ち合ったリリィ、災難でした。

『はれーしょん!』、動画の完成まで辿り着きましたね。そして、この漫画のタイトル、はれーしょんの由来もきっちり語られて、ああ、丁寧だなあって思いました。丁寧なの、動画作りの最中、その過程の描写にも見てとれて、まさか著作権についてのレクチャーを聞けるとは思わなかった。著作権フリーのBGM使うとかかなって思ったら、まさか教育における例外が出てくるとは。そしてハレーション。白とびした背景、露出の失敗を、綺麗だからこのままでいいと晴が目を輝かせて、この失敗ともいえるものに価値を見出すことができる感性。それが大変よいなと。またそれをもって、皆のそれぞれの個性の発揮できる、そんな可能性に気持ちを向けていくというところ、実に青春の輝き感じさせてくれるもので、ああ、よいなあと思わされたのですね。

My Private D☆V、『疾風ういんどみる!』の晴野しゅーであります。さて今回のD☆Vポイントはといいますと、「黒髪×褐色」。って、あれー!? なんか意外! というのはですね、『疾風ういんどみる!』に黒髪×褐色の要素なくない!? って思っちゃったからで、実際今回のイラスト見ても、いつもと雰囲気違うと感じさせられて、いやあ、引き出しの多さというべきか、幅の広さというべきか、さすがでありますね。さてイラストです。褐色にもいろいろありまして、日焼けの魅力あらば、もとよりの褐色の肌もあって、その2種類、違う魅力持って描かれていました。おとなしそうに見える女子の、日焼けの褐色が際立たせるもともとの肌の白さあれば、エキゾチックな魅力溢れる美女、って、待って、この人、こないだやたら話題になってたあの人じゃん!?

  • 『まんがタイムきらら』第15巻第10号(2017年10月号)